ポイントその7 液晶パネル(IPSとVA)の違い
液晶パネルの違い(IPS方式とVA方式)をチェックする
液晶テレビの場合、パネルの方式に2種類あるのをご存じですか?
2つの方式はIPSVA。それぞれ特性があるため、購入する液晶テレビが
いずれの方式を採用しているのか、チェックする必要があります。

IPSとは「In-Plane-Switching(横電界)」の略。
IPSは斜めから見ても色やコントラストの変化は少ないので、
リビングなどでいろいろな角度から視聴できるのがメリットです。
ただ、やや暗めの落ち着いた映像になります。


一方のVAは、「Vertical Alignment=垂直配向」の略。
VAでは、コントラストのある明るい映像を楽しむことができます。
しかし、斜めから見たときにわずかだが色やコントラストが変化します。

IPS方式を採用している主なメーカーは日立、松下、東芝。
一方のVA方式を採用しているのは、
シャープ、ソニーなど。

店頭で確認するとわかりますが、VA方式のほうが見映えのする
くっきりとした映像です。一方のIPSは、 落ち着いた階調の、
ディテールにこだわった映像を楽しめます。

それぞれの特徴を理解した上で、自分の使い方にぴったりの
液晶テレビを選ぶ必要があります。

【参考記事】
・ BCNランキング:どう違う? 液晶テレビの「VA」と「IPS」、その特徴と選択のポイント

前へ 次へ
液晶テレビをインチで選ぶ
液晶テレビをメーカーで選ぶ
プラズマテレビをメーカーで選ぶ

4Kテレビ特集

最近人気の出てきた4K対応テレビを特集しています。

4K対応テレビ
Google